シアバターが役に立った妊娠線の予防

No Comments

7年前に結婚しました。友人が20代前半で出産、結婚する中私は30歳になってから結婚したので、すぐに子供がほしいと望んでいました。最初は妊娠に関する知識が全くなく、とりあえず何とかできるものだと思っていましたが、当然ながら思っている様には恵まれませんでした。積極的に妊活を始めたのは2か月ほどたってからです。妊娠に関する雑誌を購入し、初めて排卵日というものを意識するようになりました。そこからは意識的に排卵日を狙い数回チャレンジして初めて妊娠することができました。

妊娠初期からつわりもあまりなく、仕事を続けることができました。慣れない新婚生活と妊娠が重なり、あまり体重が増えず産婦人科ではもう少し体重を増やすように指導されたほどでした。そのためおなかもあまり大きくならずに、妊娠6か月までぐらいは周囲にも気づかれにくく電車でもよく立っていました。

2016-08-25_142338

妊娠後期になり、8か月ごろになるとさすがにおなかも目立つようになり妊娠線がちらほらと見えるようになりました。その頃ボディショップのシアバターが良いとネットでの投稿を見かけて早速購入し使用するようになりました。仕事も産休に入り、臨月をむかえるといよいよおなかも大きくなり、季節も関係があったと思いますが乾燥が目立つようになりました。入浴後にシアバターを使用するようにしていましたが、あまりにかさつくため1日の間で頻繁に使用していました。その成果があったのか、出産後は妊娠線が残ることはありませんでした。

参考リンク
ノコア 口コミ※体験者はどのくらい効果を感じているの?

Categories: 女性の体の変化

女性ホルモンの影響で体調が変化します

No Comments

2016-07-21_164701

女性の体調には、生理周期に伴い女性ホルモンの影響が大きく関わってきます。卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つの女性ホルモンによって、生理周期のリズムが作られますが、この2つのホルモンの影響で、体調が悪くなったり、気分が上がったり下がったりするのです。この女性ホルモンによって、排卵日をさかいに低温期、高温期になることで体調も変化することもあります。

生理中は腹痛や腰痛、頭痛で悩んでいる方がたくさんいると思います。それだけではなく、生理による出血で貧血気味になったり、肌荒れがおこったりします。気分も落ち込み気味になり、憂鬱な気持ちになりやすいです。生理終了後から排卵日までは、一番体調が良いときです!生理中の憂鬱だった気分がウソのように、気分が上がり、絶好調な気持ちになります。お肌の調子もよくなり、肌荒れしずらくなるのでお化粧のノリもよくなります。

排卵日後、高温期前半の1週間くらいは、体調に大きな変化はありませんが、腰痛や便秘、むくみやすくなったりします。気分も上がったり下がったり、日によって気持ちに差が出やすいときです。肌荒れもしやすくなるので、規則正しい生活を心がけたほうがいいです。

高温期後半から生理前は、むくみがひどくなったり、便秘になったりします。人によっては生理前症候群になる人も多く、腹痛や頭痛、吐き気や身体のダルさなどの症状で悩んでいる人もたくさんいます。お肌も敏感になり、肌荒れしやすいときです。気分はイライラしがちです。

この生理周期での体調や気分の変化を頭に入れて、自分に合った生活リズムを身につけ、体調を整える必要があります。

Categories: 女性の体の変化