40代オンナは色んなものが曲がり角を通過します

No Comments

40代になると、色んな事が「あれっ?こんなはずではないのに」と感じる事が多くなってきます。第一に体力もそうですが、この40代あたりから様々な体の不調・変化に悩まされるている女性は増えていきます。

まずその原因と考えられるのは、女性ホルモンの減少なのです。ホルモンバランスが悪く、生理不順などを若い時に経験されている女性は、すでに更年期症状に似た症状で困られた事もあるでしょう。閉経を迎えるこの時期には、エストロゲンという女性ホルモンが減少していきます。このエストロゲンは、女性にとっては大変重要なホルモンなのですが、骨の成形などもエストロゲンが関わっているので、閉経後の女性が骨がもろくなる原因でもあります。

さらにエストロゲンの減少は、更年期症状を起こすために個人差はありますが、ほてり、イライラ、むくみなどを引き起こします。症状がひどい方は、情緒不安定など日常生活に大きく影響も出てきます。

2016-07-03_105006

ここからは私の体験談ですが、私もまだ若い時期に病気により卵巣を摘出しました。それまで、卵巣から順調に生産されていたエストロゲンなどの女性ホルモンが、突如停止になり体はパニックです。ほてりは突然スイッチが入れられたように、顔に多量の汗と熱を発します。かと思ったら、寒気が襲うとなる時もしばしばありました。

イライラも増え、情緒不安定にもなりかかったので、主治医に相談しました。はり薬タイプの女性ホルモン補充薬を処方していただき、もう6年程使用しています。突然のほてりは解消されて、ずいぶん改善されたので同じような症状でお悩みの方は、一度婦人科などにご相談されてはいかがでしょうか?

Categories: 女性の体の変化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です